2011年03月31日

ネギ焼き豚

自分じゃ、買わない
買えない
お歳暮的ハム
実家から、マルマルッともらって帰ったきた

ベーコンとか焼き豚
加工肉が、今、うちの冷蔵庫にデンとある

助かるなあ、食費

image-20110331212519.png

焼き豚は一口サイズに切る
ネギは斜め切り

切ったネギをシリコンスチーマーに入れ
酒を大さじ1程度をかけ、500wで1分チン

チューブ生姜、チューブにんにく各小さじ1を混ぜておく

ごま油大さじ1をひいたフライパンは強火
塩、胡椒をふりかけ、すべてを炒める
火を止め、焼き豚に付いていたタレをまわしかける
最後に黒胡椒を挽く

ごはんにのせて、ボリュームたっぷり丼にしちゃった
旨し
posted by ミドリ at 21:25| 東京 ☀| 中華風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月30日

ホッケ混ぜごはん

魚は、道産子の彼が、やっぱり焼きだね、ということで
焼き魚にすることが多い

残ったら、炊き込みご飯の具として活用
これ、定番

今夜は、簡単に
魚を先ず、焼いて
炊きたてごはんに混ぜました

ホッケ、って好きな魚のかなり、上位!

冷蔵庫にあった野菜をたっぷり、味噌汁に
彼は野菜を食べないからなー
ニンジン、キャベツ、豆腐、ワカメ

母直伝、我が家の味の玉子焼き
形も上手にできたよね

image-20110330220737.png

ごはん2合半
干しホッケ1尾

焼けた魚をほぐし
だし醤油大さじ1.5
酒小さじ1
白・黒ゴマ大さじ1で混ぜる

食べる時には、焼き海苔をぱらり、ね

これに種を取った梅干や、刻んだシソを混ぜてもよくあうよ
生姜を入れてもいいね
posted by ミドリ at 22:07| 東京 ☀| 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

肉じゃがときんぴら

母が、家をあける時に作っておいてくれたのは
大きな鍋に山盛りの、カレー
うちはみんな、カレーが大好き

四日の間、彼に家を任せて、ひとりで帰省
彼は、料理は得意だけど
すぐに食べられるものを作っておいてあげたい

カレーが苦手だから
ハヤシかな、と思ってすぐに
つい一週間前に食べたなと
じゃ、クリームシチューだ

ごはんでもパンでも、食べやすい
洗い物も少なくてすむ
シチューの類って、お留守番にはもってこいだよね

や、メニュー変更
前々からのリクエストの肉じゃが!
というのは、体裁で

我が家に圧力鍋ちゃんが来たのです
ティファールのそれについてたメニューブックの真似っこ

きんぴらは、とんと口にしてないゴボウとニンジン
白ごまたっぷり

お酒のあてにも、彼の好物、マカロニサラダ

それぞれ、かなりの量ができてしまった
食べ飽きそうだわね

image-20110324185428.png

上出来でした
うちのお母さんの味に近かったよ、かなり

肉じゃがには、糸こんにゃくも入れたらよかったな

きんぴらは、少し濃い味でごはんがすすむ
彼宅では、箸休め的な薄味なんだって
次は、彼のとこの味に少しでも近づくべく

こうゆう定番なのって、ほんと、難しいね
緊張しちゃって、味見しまくり
お腹がふくれちゃったよ
posted by ミドリ at 18:54| 東京 ☁| 和風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月23日

梅ジャムでスペアリブ

去年、初めて梅酒を漬けた
某リカーショップの通販のセット
梅、瓶、角砂糖、それから日本酒

日本酒で漬けたら、できるのが早い、て情報だったので

漬けるもなにも、順に入れていくだけ
それでも、ちゃんと、自家製

友たちにも振舞って、なかなか好評
でも、もう、あげない
あと少し
残りは、小さな容器にうつして、ビンテージにしようかしらん

梅酒が好き
どこに行っても、乾杯ビールの次に頼んじゃう
どこのなにが美味しい、とかって、うんちく、なし
どんなものでも、ご満悦

だけど、梅酒の梅は、食べないの
気が向けば、かじったりするくらい

だからって、捨てるのはしのびず
自家製梅酒の梅は、ジャムにした

そのジャムを使ったスペアリブ

image-20110324211618.png

梅ジャム1:醤油1.5:酒1

塩胡椒をふったスペアリブを漬け込んでオーブンで焼く

あたしは、ジップロックに入れて、揉み揉みして
冷蔵庫で一晩ねかしてる
よおく、味がしみるように、ね

鶏や豚でも美味しいの
ボリュームのある肉がお安くなってたら
ジップロックに入れて、冷凍OK
朝、冷蔵庫から出して、自然解凍
夜には焼けるようになってるよ
posted by ミドリ at 21:04| 東京 ☀| 洋風 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

「調理以前の料理の常識」

レシピ本
そうは思わなかったけど、あたしは持ってるほうみたいで
うちに来た友たちが、わ、すごい、とかなんとか言う
30冊、あるかな
それで、料理上手みたいに思われちゃうけど
それは、違う
あまりに知らないことばかりだから
本、買っちゃうんだ

レシピで頼りにするのは、けっきょく
クックパッドなんだけど、さ

あたしのレシピ本を選ぶ基準は
手順がシンプルに書かれてるもの
料理用語なんかは、あまり駆使して欲しくない
それから、写真も重要
写真はそりゃ、プロが、照明もばっちり決めてるだろうから
同じようにできないって、わかってても
こうゆうの作りたい、って見た目から入るもん、あたしゃ

うちは、母がお料理上手
自営業の仕事は忙しかったはずだけど
パン教室に通ったり
外食も好きで
いろんなものを作ってくれた
学校を出ても、恥ずかしい話だけど、お弁当を作ってもらって
仕事に行ってた

あたしは、食べる専門で
というより、食べれりゃいいやん、って

でもさ、ちょっとね、今さら、実家を離れて
教わっておくべきだったと思ってる

ほんとうに大事なことがわかんない

料理の仕方云々以前の、ものの扱い方
どこで新鮮と判断するか、とか
買ったものをどうしておけば保存がきくか、とか

基本、とタイトルにある料理本を何冊も持ってるのは
そうゆうこと

ふらりと寄ったブックオフで見つけたのは
「調理以前の料理の常識」

これは、勉強になるよ
たぶん、お母さんなら知ってることだろうけど
目下、一番の参考書
posted by ミドリ at 19:11| 東京 ☁| レシピ本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。